エステサロンで多くのフェイシャルメニューの中に組み込まれているイオン導入。

美容成分が肌の奥に届くのですよ!などは聞いたことがあると思いますが実際どんなものかご存知ですか?

今回はイオン導入についてのお話です。

 

毎日ケアしているのになかなか肌が改善しない!!

肌には角質層の下にバリアゾーンと呼ばれる薄い層があります。このバリアゾーンはお肌を守る層です。湯船に長く浸かっていると指がふやけたりすることはありませんか?でも、ふやけてしまうのは肌の表面だけです。バリアゾーンがないと水がどんどん体内に入っていき体がぶよぶよになってしまいます。このようなことにならないようにバリアゾーンがしっかりお肌を守っているからです。

化粧水や美容液が届くのもこのバリアゾーンまで。もちろん毎日のケアも重要で必要ですが、トラブルが起きているお肌にはもっとお肌の深い場所へのお手入れが必要になってきます。

 C841EA2F-A530-4D4A-99A7-811534F783A7

 

皮膚の表面は死んだ細胞??

 基底層から新しく生まれた細胞は細胞が分裂していき有棘層、顆粒層とどんどん押しあがっていき角質層である肌の1番表面になります。角質層までたどり着くときには細胞の変化を終え、もうすぐ肌から剥がれ落ちる前の状態です。これがターンオーバーです。直接触る部分のお肌は死んだ細胞なんです

22636069

肌をきれいにするには基底層のケアを!!

 もちろん、角質層のお手入れも大切なのですが、肌をもっときれいにしたいなら基底層へのケアが重要です。基底層は細胞をどんどん新しく生み出す重要な場所です。トラブルのない肌を目指すなら基底層のケアをすることです。しみやしわや乾燥も化粧品を塗るだけでは根本的なお肌は改善しません。肌表面だけをお手入れには限界があります。

 

電気のチカラを利用したイオン導入を!!

 人間の体は60兆個の細胞が集まってできています。細胞1つ1つには電気(プラス・マイナス)が流れています。イオン導入は微弱な電流を使い美容成分を肌の奥へ届けることができます。角質層は酸性で+イオンがおおくなっています。すぐその下の顆粒層はアルカリ性で-イオンで保たれていてお互いに反発しあい角質層と顆粒層の間には薄い膜ができています。これがバリアゾーンです。イオン導入で肌に電流を流すと角質層と顆粒層が中性に傾き、角質層と顆粒層の反発が弱まり美容成分を肌の奥に届けることができます。例えば、抗酸化作用の高いビタミンC誘導体はマイナスイオンをおびています。電気は性質上同じ電極は反発するのでイオン導入機でマイナスを流すとマイナスを帯びているビタミンCは肌の奥に送り込まれます。イオン導入は電極の作用を利用した美容方法なんですよ。

 

 

細胞をぷるぷるに

 そして、基底層に届いた美容成分は細胞を作る栄養となり状態のよい細胞を生み出すことができます。赤ちゃんや子供はぷるんとしたぶどうのような細胞ですが歳を重ねるにつれて極端に言えば干しぶどうのような細胞になります。そうするといくらターンオーバーが行われていても角質層までたどり着いても、乾燥やしわ、しみなどトラブルがでてくるお肌になってしまいます。ぷるんとした細胞を作れるようケアしてあげることがお肌改善の決め手です。

67423908-AFEC-4D78-BA6E-EBC0BA314BEA

 

どんなにケアしてもお肌が改善されないという方もぜひイオン導入で細胞からケアしてみてくださいね!

 

ジュディサロンでもフェイシャルメニューにはイオン導入のケアを取り入れています。

 

イオン導入でトラブルのないきれいなお肌を手に入れてくださいね!

 

 

40歳からのリフトアップ専門店

JEUDI SALON ジュディサロン

阪急淡路 西口から徒歩1分

06-6195-6977

LINEからもご予約承っております!お気軽にご連絡くださいね
友だち追加