鼻のから口角にかけて出てくるほうれい線。ほうれい線ががあると一気に老けて見えたりお顔の見た目年齢もぐっと引きあがってしまいますね。20代後半から徐々に気になってくる方も多いのではないでしょうか?

今回はほうれい線のケアについて、です。

pug-1502571_960_720

ほうれい線ができやすい癖

いくつ当てはまりますか?

パソコンや事務など下を向いての作業する時間が多い

猫背や姿勢が悪いと感じる

肌が乾燥する

顔がむくんでいる。むくみがち

ダイエットで急激に体重減らしたことがある

 

パソコンや下を向いての作業が多い方や猫背になりやすい方は背中がまるまって首が前に出てしまいます。頭5~6キロほどの重さが前首にのってしまい支えのない状態になります。前首の状態でいつも支えているといつも無理して支えている状態なので、顔の皮膚も筋肉も重力に負けてしまいたるみやすい状態になってしまいます。首回りの筋肉が必要以上に発達しその結果首が太くなりエラも目立ってきたりする悪循環になります。顎をひくとフェイスラインが引き締まってマリオネットラインやほうれい線の改善につながります。

顎を引く癖をつけて頭をしっかり首全体で支えるように心がけてくださいね

肌の乾燥もほうれい線を加速させてしまいます

乾燥は直接ほうれい線と関係するものではないかもしれませんが、お肌にみずみずしい水分をしっかり含んでいると弾力やハリもあるのでほうれい線は目立ちにくくなります。もちろんしわの予防にもなりますので、乾燥を感じる方はしっかり保湿、スキンケアを見直してみてくださいね!そして、顔のむくみのケアも大切です。むくみをほおっておくとお顔も大きくなりたるみの原因になりほうれい線も目立ってきます。

顔のむくみをとる時短マッサージ

朝の忙しい時間でも手軽にできるものをご紹介しますね

首をゆっくり回します。右、左に各5回ずつほどゆっくり回してくださいね。

耳の下に猫の手を作りチカラを入れすぎないようぐるぐると刺激します。

そのあとは耳を人差し指と中指ではさみくるくると刺激します。

頬もむくんで張っているなと感じたら頬骨にそって親指を入れます。

目周りもむくんでいるようなら眉の下も軽く押します。

朝のメイクが終わっても簡単にできるのではないかなと思いますのでぜひ試して見てくださいね。

ダイエットによるほうれい線

体重を落としたことによって肌にハリがなくなりほうれい線が目立つということもあります。もちろん保湿や肌のハリ感をアップさせるコラーゲンなどもおすすめなのですが、体重が落ちて痩せると余った顔の皮膚はほうれい線を目立たせています。この場合顔の表情筋を鍛えることがほうれい線を目立ちにくくし顔をシャープにします。

あ い う え お 運動で口回りの筋肉トレーニング

play-stone-1744790_960_720

眼を閉じずに見開きながら『あ い う え お』を声に出さずに口をゆっくり動かします。この時顔に意識を集中させてやってみてくださいね!いつも動いて顔の表情筋を感じることができますよ。

他にも、表情筋トレーニングができる手軽なものが出てますので自分に合ったものでトレーニングしてみるのもおすすめです。

 

どうでしたか?今回はスキンケアにプラスでしていただくと効果的なものを書いてみました!

ほうれい線はお顔の印象を変えていきますので、毎日できることを少しずつプラスでお手入れしてみてくださいね

ジュディサロンではほうれい線ケアができるウルバリンフェイシャルもおすすめですよ

ぜひこちらも合わせてご覧くださいね


ウルバリンフェイシャルのご案内→ こちらから

ウルバリンフェイシャルトライアル価格のご案内→ こちらから

ウルバリン ビフォーアフターのお写真は→ こちらから

2月のフェイシャルキャンペーン → こちらから


40歳からのリフトアップ専門店

JEUDI SALON ジュディサロン

阪急淡路駅西口から徒歩1分

06-6195-6977

LINEからもご相談やご予約を承っております。お気軽にご連絡くださいね

 

友だち追加