ダイエット中の食事について調べてみるとゆで卵と載っていることが多いです。

ゆで卵なら私でも簡単に取り入れられる!と今回は栄養価の高いスーパーフード『卵』についてのお話です。

eggs-3216878__340

卵の栄養

卵には『メチオニン』という抗酸化作用をもつ必須アミノ酸が含まれています。このメチオニンをもとに体内で作られた抗酸化物質は代謝を高めたり老廃物の排出を促す働きがあります。メチオニンはがん予防の働きもあったり、肝臓でアルコールを分解するのに必要な成分も!

卵黄にも抗酸化作用のある『カロチノイド』も含まれています!

卵はビタミンとミネラルのバランスがとてもいいんですよ。食物繊維とビタミンC以外の栄養はほぼ入っている栄養価の高い食品です



卵1個当たりの栄養成分

たんぱく質 : 7.38g

脂質 : 6.18g

炭水化物 : 0.18g

ビタミンE : 0.6mg

ビタミンB1 : 0.04mg

ビタミンB2 : 0.26mg

ナイアシン : 0.06mg

ビタミンB6 : 0.05mg

カリウム : 78mg

カルシウム : 30.6mg

マグネシウム : 6.6mg

リン : 108mg

鉄 : 1,08mg

亜鉛 : 0.78mg

銅 : 0.05mg

マンガン : 0.01mg

参考サイトSlism


food-3197937_960_720

卵2個で1日に必要なたんぱく質の3分の1が接種できる!

たんぱく質は、筋肉や骨やかみや皮膚などのもとになる体に必要不可欠な栄養素です。ダイエット中の栄養補給にも手軽にゆで卵などで食べれそうですね

卵のカロリーは?

Lサイズの卵だと1個約84kcal。糖質は0.15gです。栄養価は高いですが低糖質でダイエットにおすすめの食品です。そして卵のGI値は30で低糖質。白米(GI値88)食パン(GI値95)などの食品に比べるとダイエット中の食事や小腹がすいた時に食べやすいのではないでしょうか?

GI値とは血糖値の上昇スピードを表すものです。血糖値が急上昇すると過剰にインスリンが分泌されます。このインスリンが必要以上に分泌されると脂肪として蓄えられてしまいます。血糖値の上昇が緩やかだとインスリンの分泌を抑えることができて太りにくいということです。

そして、血糖値の上昇が緩やかだと腹持ちが良いという特徴がおります。たくさん食べなくても満たされるのはダイエット中に心強い食べ物ですね

韓国のとてもきれいな女優さんのダイエット中の食事にも必ず入っていたゆで卵

なんでこんなに卵がいいのかなと思って調べていたのですが、お肌にもダイエットにもいい食品でした。

ゆで卵なら、お昼のお弁当や夜の小腹がすいた時でも今私はカロリーをとってるんじゃない!綺麗になるためだ!と少し言い訳と納得ができそうです。

食べないダイエットではなくて食事も楽しみながら理解しながら楽しく続けていきたいですね

綺麗になる卵、ぜひ取り入れてみてくださいね

 

40歳からのリフトアップ専門店

JEUDI SALON ジュディサロン

06-6195-6977

阪急淡路駅 徒歩1分

LINEからのご相談やご予約もお気軽にご連絡くださいね

 

友だち追加